おこしやすぅ~

  • ようこそnonochiブログへ

只今メンバー募集中

  • TRT 本部へ

takuma Sato OFFICIAL Site

  • takuma Sato.com

感動をありがとう

  • TRT 本部へ            (C)TRT Communication

TRT Communication

アグちゃん3号

  • SA07    (C)kanji/カンジのあなた!

ポッキー クロック

  • 江崎グリコは
    佐藤琢磨を応援しています

SUPER AGURI F1 TEAM

  • ありがとう SAF1

アート工房 みやび

  • 大切な瞬間を刻む
    メモリアルギフト専門店
    アート工房 みやび

今 何時?

☆ 食前食後に ☆

好きな花 マーガレット

ZARD 20th Anniversary

  • ZARD 20th Anniversary Site

History of IZUMI SAKAI

ZARD フォトアルバム

  • ZARD フォトアルバム

WEZARD 10 th ANNIVERSARY

  •  WEZARD 10 th ANNIVERSARYサイトオープン!

WEZARD.net

  • ZAED Official Web Site

ZARD OFFICIAL FANCLUB

  • ZARD OFFICIAL FAN CLUB Site

Ristorante Soffio

  • Ristorante Soffioは5月30日(日)
    をもちまして閉店致しました
    2年間 ご愛顧頂き有難うございました
    Ristorante Soffio 閉店

クリックすると鳴きますよ

Powered by Six Apart
Member since 07/2008

« 2007年9月 | メイン | 2007年11月 »

2007年10月

2007年10月31日 (水)

F1(3356) マクラーレン、 “アロンソに新車MP4-23の情報を知らせず”

2007年ワールドチャンピオンのキミ・ライコネン(フェラーリ)は現在長期休暇に入っているが、彼のライバルであるフェルナンド・アロンソ(マクラーレン)とは違い、まだF1マシンのコックピットに戻る様子はない。    

現在28歳でフィンランド出身のライコネンは、所属するフェラーリが先週末イタリアで行ったシーズン終了の祝賀会後、22日(日)の夜に家族や友人に会うため故郷フィンランドに帰国した。

ライコネンは11月中旬にスペインで始まるテストに参加するつもりはないと明言している。

「12月にはトラックに戻るかもしれないが、今は休暇中だから、できる限り落ち着けるようにして、エネルギーを蓄えるつもりだ」

一方、アロンソは現場復帰の時期について、今のところ未定だとスペイン誌 『El Mundo Deportivo(エル・ムンド・デポルティーボ)』 が伝えている。

現在26歳のアロンソは、チームとの関係における不確かな自分の今後について、マクラーレンと話をする準備があるというが、来年ライバルチームへの移籍を許可された場合の用心として、チーム側はアロンソに2008年の新車MP4-23の情報を、ほとんど知らせていないことも同紙は報じている。
    F1-Live.com




いつでも TRT は琢磨選手を応援します
L9acoaqa_docomo Ektldo0y_docomo Ektldo0y_docomo
  (C)kanji/カンジのあなた!
   Ooxfvk01

F1(3355) 中嶋一貴、 “シートを狙う”

来季への戦いは、今日から始まる。ウィリアムズからF1デビューした中嶋一貴(かずき=22)が30日、都内で会見し、来季への見通しを語った。    
今季のドライバー2人のうちロズベルグは残留し、ブルツが引退。
空いたシートを狙う中嶋は 「テストで、アピールする。人事を尽くして天命を待ちます」 。
26日に帰国したばかりだが、今日31日には欧州でのテストに向けて日本を出発する。

中嶋がシートを獲得できるかどうかは、チームの方針次第だ。即戦力が欲しければ、金額をかけて優勝経験のあるドライバーを引っ張るはず。
将来性を選ぶのであれば、中嶋以上の適任者はいない。21日のブラジルGPは、入賞まであと1歩の10位デビュー。

実戦テストをクリアした中嶋は 「レースの後、評価は高まっていると思う。レースに出て、やっと来季(のシート争い)に向けた土俵に上がることができた」 と、実感している。

中嶋の育成に携わったFTRSの関谷正徳校長は
「日本人にしては珍しく、サーキットへの順応性が高い」
と、規格外のドライバーとして期待を寄せた。中嶋の戦いはこの冬が正念場になる。

2007年10月31日 09時26分 日刊スポーツ    msnスポーツ




いつでも TRT は琢磨選手を応援します
L9acoaqa_docomo Ektldo0y_docomo Ektldo0y_docomo
  (C)kanji/カンジのあなた!
   Ooxfvk01

F1(3354) デ・ラ・ロサ、イタリアで検察の事情聴取に応じる

マクラーレン・メルセデスのテストドライバーを務めるペドロ・デ・ラ・ロサが、現地時間(以下、現地時間)30日、スパイ事件を巡る流れでイタリア検察の事情聴取に応じた。同日以降、 『ロイター』 通信やイタリアの新聞 『ガゼッタ・デッロ・スポルト』 紙など海外複数メディアが報じている。    
マクラーレンがフェラーリの機密情報を所持・利用していたとして、今季の全コンストラクターズポイント剥奪、罰金などのペナルティが科されたスパイ事件。

フェラーリは本拠地イタリア・マラネロから最も近い大都市のモデナで訴訟を起こしており、FIA(国際自動車連盟)は世界モータースポーツ評議会(WMSC)でP.デ・ラ・ロサとフェルナンド・アロンソの間で交わされたEメールも有力な証拠として採用していたため、10月9日にはF.アロンソに対する事情聴取がモデナ検察庁で行なわれた。

F.アロンソに続き、P.デ・ラ・ロサもモデナの検察庁を訪問。約2時間の事情聴取が終わり、検察庁を後にするP.デ・ラ・ロサは、 「すべて順調だよ」 と一言だけコメントを残している。

また、この件を担当するジュゼッペ・ティビス検事は、
「重要な部分が明らかになった。アロンソとデ・ラ・ロサの聴取を終え、入手している証拠の選別に入る。1ヶ月以内にほかの証言を聞く可能性もある」
と明かし、ルイス・ハミルトンに事情聴取を行なう可能性はほとんどないとした。

2007年10月31日 14時47分 ISM    msnスポーツ




いつでも TRT は琢磨選手を応援します
L9acoaqa_docomo Ektldo0y_docomo Ektldo0y_docomo
  (C)kanji/カンジのあなた!
   Ooxfvk01

F1(3353) ティモ・グロック、トヨタとの交渉決裂か?

ティモ・グロックのトヨタ入りは濃厚といわれていたが、ここに来て暗礁に乗り上げてしまったようだ。    
トヨタ側は長期契約を望んでいる一方、グロック側はBMWへと戻ることも視野に入れて短期契約を望んでいるという。
このために交渉が決裂しているという。

現在グロックを巡ってはマクラーレン、ルノー、トヨタ、ウィリアムズそしてホンダが交渉していると言われている。
    f1gpnews.com




いつでも TRT は琢磨選手を応援します
L9acoaqa_docomo Ektldo0y_docomo Ektldo0y_docomo
  (C)kanji/カンジのあなた!
   Ooxfvk01

F1(3352) 「FIA はマクラーレンに厳しかった」

ルイス・ハミルトンはFIAが今季マクラーレンに厳しかったとコメントしている。    
「FIAは我々に対して厳しかった。たぶん他のこと以上にね。来季についての目標は明白なんだ。我々は地に足をつけて、そして冷静でいなければならない。自分の仕事に集中し、そしてクリーンに、そしてパーフェクトな仕事をするよう心がけないといけないんだ。」
    f1gpnews.com




いつでも TRT は琢磨選手を応援します
L9acoaqa_docomo Ektldo0y_docomo Ektldo0y_docomo
  (C)kanji/カンジのあなた!
   Ooxfvk01

F1(3351) ホンダ、バリチェロをスーパーアグリに払い下げ?

報道によると、ホンダは 「期限切れ」 のルーベンス・バリチェロ(35歳)を来シーズン 「Bチーム」 のスーパーアグリに払い下げする準備を進めているという。    
バリチェロは2008年シーズンもブラックリーのチームと契約しているが、  "F1 Racing Magazine"  誌は、2007年後半の彼はジェンソン・バトンにレースで完敗しており、チームは彼に対する信頼を失ったと主張している。

同誌は、バリチェロの中国における平凡なパフォーマンス(15位、バトンより10番下)をとりあげ、これがチームとの関係の限界だったとしている。
同誌は、特にチームのエンジニアがドライバー側の努力不足に苛立っていると述べ、あるメカニックが上海で
「彼はおびえていると思う。引退する潮時だよな?」 と不満を漏らしたと報じている。

また、バリチェロへの信頼はチームのヒエラルキーの中でも失われたという。

同誌は 「F1の内部関係者の多くは、ベテランのアレックス・ヴルツ、ラルフ・シューマッハ、ジャンカルロ・フィジケラのように、ルーベンスも賞味期限切れだと感じている。違うのは、ホンダの内部でもそのように感じている人が増えたことである」 と報じている。

「ホンダ内では、2008年バリチェロをスーパーアグリに払い下げしようとする派閥が増えている。
重要なことに、友人で同国人のジル・ド・フェランが今年7月にスポーティング・ディレクターを辞任したので、ルーベンスにはホンダ内からの支援がない。
そうでなければ、なぜフライが2008年のドライバー市場に積極的に関わっていたという噂がインテルラゴスのパドックで流れたのだろう?」

-Source: Planet-F1    F1通信




いつでも TRT は琢磨選手を応援します
L9acoaqa_docomo Ektldo0y_docomo Ektldo0y_docomo
  (C)kanji/カンジのあなた!
   Ooxfvk01

F1(3350) アロンソ、 “来季はルノーかBMW!?”

フィンランド人ルーキーとしてデビューシーズンを終えたヘイキ・コバライネンは、マクラーレンを含む “たくさんの” F1チームと2008年の契約を前提に交渉していることを認めた。    
26歳のコバライネンは、フェルナンド・アロンソ(マクラーレン)の移籍の可能性について触れ、
現状に満足していないアロンソが来シーズンにイギリス・ウォーキングにファクトリーを構えるマクラーレンを離脱して、来シーズンにルノーかBMWに加入する可能性があることを認めている。

コバライネンと今シーズンのチームメイトであったジャンカルロ・フィジケラは、どちらもまだルノーと来シーズンの契約を結んでいない。
これは、アロンソの動向が決まってから動き出す話だというのがもっぱらのうわさである。

イギリスでF1中継を行っているテレビ局 『ITV』 のインタビューに応じたコバライネンは、マクラーレンが2008年のドライバーとしてコバライネンに興味を持っているといううわさを認めた。
しかしコバライネンは、今シーズン最終戦のブラジルGPで残念な予選パフォーマンスを見せてしまったことについてジョークをかましてもいる。

「僕の最低な予選パフォーマンスのおかげで、マクラーレンの連中は “アイツとの契約を考えるなんてことはやめにしたほうがいいかもしれないな” って思っちゃったかもね(笑)」 と笑ったコバライネン。

しかし真面目な表情に戻ったコバライネンは
「正直な話、僕はたくさんのF1チームと話し合いをしているよ。そして今言えるのは、僕はルノーと今シーズンいっぱいの契約を結んでいるということだけだ」 と付け加えて、以下のように続けた。

「ほかのドライバーがどんな動きをするのか、それをじっくり待たなきゃね」
    F1-Live.com




いつでも TRT は琢磨選手を応援します
L9acoaqa_docomo Ektldo0y_docomo Ektldo0y_docomo
  (C)kanji/カンジのあなた!
   Ooxfvk01

2007年10月30日 (火)

F1(3349) “F1で富士に帰って来たい”

最終戦ブラジルGPでウィリアムズからF1デビューを飾った中嶋一貴が、30日、都内のトヨタ自動車東京本社で記者会見を行ない、来季に向けて 「F1で富士に帰って来たい」 と意欲を見せた。    

今季はGP2を戦いながら、ウィリアムズのテストドライバーを務め、F1のテストやフリー走行に参加する多忙なシーズンを送った中嶋。
GP2では6度の表彰台、新人最高のランキング5位の好成績を残し、引退したアレクサンダー・ブルツに代わり、F1最終戦ブラジルGPでスポット参戦ながらF1デビュー。
初レースを10位で完走し、ファステストラップも全体5番手の好タイムを叩き出す健闘を見せた。

トヨタの若手ドライバー育成プログラムである 「トヨタ・ヤング・ドライバーズ・プログラム」 にも所属する中嶋は

「トヨタ・ヤング・ドライバーズ・プログラムの一員として初めてF1に参戦したことを名誉に思うし、今までサポートしてくれたトヨタ自動車の人々に感謝したい。同じくウィリアムズの人々にも感謝したい。
ブラジルGPは緊張した部分もあって、予選でミスもあったし、よかったところと悪かったところが半分半分ぐらい。それでも初めて経験してわかるところも多かったですし、レースして手応えがつかめたと思います」
とF1デビュー戦を振り返った。

日本人初のフルタイムF1ドライバーである中嶋悟氏の長男としても注目を浴びている中嶋。
レース後は父と電話で会話したことを明かしたが
「ありきたりの話をしただけです(笑)。無事にレースを走ることができたんで、喜んでいたと思いますよ」 と笑顔を見せていた。

気になる来季のレギュラーシート獲得の可能性については
「正直まだわからないです。決めるのはチームなんで。でも、ブラジルでレースをしたことで、評価はよくなっていると思う。
来年のドライバー候補であるかないかという状態から、今は候補のひとりとして見てもらえるようになりました」 と前向きな見通しを語りつつ、
「来年、何をするかはわからないけど自分にとっては重要な1年。F1でレースできたら最高ですし、F1で富士に帰って来たいですね」 と意欲を燃やした。

元レーシングドライバーで現在はFTRS(フォーミュラ・トヨタ・レーシング・スクール)校長などを務め、中嶋の育ての親のひとりでもある関谷正徳氏も会見に同席し、
「一貴のいいところは、日本人には珍しい順応性があるところ。知らないサーキットでもすぐにタイムを出せる。
それに、他人を味方につけられるキャラクターもある。先を見据えた準備も怠りなくできる。いろんなレベルで高いものを持っている」 と愛弟子を称えた。

同じく会見に同席したトヨタ自動車モータースポーツ部主査の林博美氏は
「FTRS出身で初のF1ドライバー誕生という悲願を達成できて嬉しく思っているが、これがゴールではない。F1で勝てるドライバーになって欲しい」 と中嶋にエールを送った。

2007年10月30日 20時09分 ISM    msnスポーツ




いつでも TRT は琢磨選手を応援します
L9acoaqa_docomo Ektldo0y_docomo Ektldo0y_docomo
  (C)kanji/カンジのあなた!
   Ooxfvk01

F1(3348) ロバート・ドーンボス、F1に復帰

ロバート・ドーンボスが近い将来F1に復帰するようだ。    
今季チャンプカーで活躍した彼だが、この冬季テスト期間中はレッドブルのテストに参加するようだ。すでに11月中旬のテストに、彼の名前がエントリーされているという。
    f1gpnews.com




いつでも TRT は琢磨選手を応援します
L9acoaqa_docomo Ektldo0y_docomo Ektldo0y_docomo
  (C)kanji/カンジのあなた!
   Ooxfvk01

F1(3347) フェルナルド・アロンソ、 “希望を語らず”

来季去就が騒がれてるフェルナルド・アロンソだが、彼自身はその去就について次のようにコメントしている。    

「オプションはある。すべての可能性についての交渉をしている。もちろん、僕自身の希望はあるが、それがどうなるかについてはまだ時間がかかるだろう。」
噂では、ルノーの他にウィリアムズとも交渉していると報じられている。
    f1gpnews.com




いつでも TRT は琢磨選手を応援します
L9acoaqa_docomo Ektldo0y_docomo Ektldo0y_docomo
  (C)kanji/カンジのあなた!
   Ooxfvk01