おこしやすぅ~

  • ようこそnonochiブログへ

只今メンバー募集中

  • TRT 本部へ

takuma Sato OFFICIAL Site

  • takuma Sato.com

感動をありがとう

  • TRT 本部へ            (C)TRT Communication

TRT Communication

アグちゃん3号

  • SA07    (C)kanji/カンジのあなた!

ポッキー クロック

  • 江崎グリコは
    佐藤琢磨を応援しています

SUPER AGURI F1 TEAM

  • ありがとう SAF1

アート工房 みやび

  • 大切な瞬間を刻む
    メモリアルギフト専門店
    アート工房 みやび

今 何時?

☆ 食前食後に ☆

好きな花 マーガレット

ZARD 20th Anniversary

  • ZARD 20th Anniversary Site

History of IZUMI SAKAI

ZARD フォトアルバム

  • ZARD フォトアルバム

WEZARD 10 th ANNIVERSARY

  •  WEZARD 10 th ANNIVERSARYサイトオープン!

WEZARD.net

  • ZAED Official Web Site

ZARD OFFICIAL FANCLUB

  • ZARD OFFICIAL FAN CLUB Site

Ristorante Soffio

  • Ristorante Soffioは5月30日(日)
    をもちまして閉店致しました
    2年間 ご愛顧頂き有難うございました
    Ristorante Soffio 閉店

クリックすると鳴きますよ

Powered by Six Apart
Member since 07/2008

« 2006年9月 | メイン | 2006年11月 »

2006年10月

2006年10月31日 (火)

   お知らせ   



この秋限定テンプレートに変えました
Ooxfvk01

F1(649) ミハエルの目に、涙、涙、涙

イタリアのモンツァで行なわれた 「The 2006 Ferrari World Finals」 に出席したミハエル、
フェラーリのマシンから降りヘルメットを取ると、彼の頬には涙が・・・・・

    

フェラーリのミハエル・シューマッハは、現地時間(以下、現地時間)29日、イタリアのモンツァで行なわれた 「The 2006 Ferrari World Finals」 に出席し、ファンを前に 「君たちの存在が全てだった。ありがとう」 と語り、涙を見せた。イベントの模様を、イタリアの新聞 『ガゼッタ・デッロ・スポルト』 紙が伝えている。

 アウトドローモ・ナツィオナーレ・ディ・モンツァ(1周5.793km)で行なわれたイベントには、フェラーリで走行するM.シューマッハの最後の姿を見ようと、4万5千人(チーム発表)のファンが駆けつけた。同紙は、 「彼がフェラーリのマシンから降りるのは、これが最後だ。7度に渡ってワールドチャンピオンに輝いた男は、自分を抑えることができなかった。ヘルメットを取ると、涙が頬を濡らした。彼の涙に、抱き合ったモンテツェーモロ、トッド、ブラウン、バーンも泣いた。こうして、シューミのさよならパーティーは悲しみに包まれて終わった。モンテツェーモロが 『家族のようだ』 と称するチームと過ごした11年間に終わりが来たのだから、寂しいのは当たり前だ」 と、イベントの様子を報じた。

 M.シューマッハは、 「僕とフェラーリの関係は、かけがえのないものだ。スポーツにおいて、ここまでの深い関係はそう簡単には築けない。僕らはいつも力を合わせていたし、まるで1人の人間であるかのようだった」 とコメント。

 そして、集まったティフォジに、 「君たちの存在が全てだった。僕らはいつもファンから力をもらっていた。ありがとう、ありがとう、ありがとう」 と何度も感謝の言葉を述べると、 “君のようなドライバーは引退しちゃ駄目だ” 、 “いつも私たちの心の中にいる” 、 “シューミ、一緒に遊びに行こう。333-723……まで電話して” などのメッセージが書かれた幾つもの横断幕に対し、 「心が暖まるよ。僕を大切に思ってくれているってことだよね。でも一番素晴らしいのは、ティフォジは逆境の時にもそばにいてくれたことだ」 と、改めてファンの重要性を主張している。

 今季限りでの引退を表明したM.シューマッハだが、現在の心境を、 「どんな気持ちでいるのか、皆に聞かれるんだ。ところが僕は、今でもまだ何も変わってないような気がしている。最終戦でマシンを停めてから、数日の休みがあって、それからこのフェラーリのイベントに来た。ここ数年と同じだよ。12月になったら引退の実感がわくんじゃないかな。いつもなら次のシーズンに向けて準備を始めるけど、他のことができるからね。3月の開幕戦は、参戦しないでテレビで見るよ」と語った。

 このイベントには、チームメイトのフェリペ・マッサ、またテストドライバーのルカ・バドエル、マルク・ジェネらも顔を揃えている。F.マッサは、 「レースがない日なのに、こんなに人が集まったのはミハエルが偉大だからだ。彼のような最高のお手本と過ごすことができて、シーズンの締めくくりが大事なものになったよ」 とイベントを振り返った。

 M.シューマッハは、夜にはヴィチェンツァで行なわれたサッカーのチャリティマッチに出場。ゴールを決め、8千人の観衆から拍手が送られた。

2006年10月30日 19時39分 ISM













 いつでも TRT は琢磨選手を応援します
Cw5sjph6  Gzc1z2v8    Gzc1z2v8



Ooxfvk01

F1(648) ミハエルとアロンソンは好対照なチャンピオン

ミハエル シューマッハはフェラーリで才能のある若手のスカウトを担当するほど、いつも若手ドライバーに目を向けていたようですが、それとは対照的にアロンソンは自分のチームメイト決定に口出しするつもりは無いようです。

    

フェルナルド・アロンソは来季からマクラーレンに移籍することが既に昨年の12月には決まっていた。しかしながら、現時点でも彼のチームメイトについて決まっていない状況になっている。

チームメイトはデ・ラ・ロサかハミルトンになると言われているが、アロンソ自身はチームメイト決定に口出しする意向がないとコメントしている。

「ペドロは偉大なドライバーであり、そして良い友人でもある。それに僕と同じスペイン人なんだ。だけども、これらのすべてはドライバー決定には重要なことではないんだ。その一方でハミルトンについてはGP2ではなかなかの活躍をしたけども、F1ドライバーとしての彼のことはあまりよく知らないんだ。マクラーレンはチームにとってよりベターな選択をするものと信じているよ。」

ミハエル・シューマッハはフェラーリドライバー起用について様々な意見を言っていたや、若手を観察していた事実が明らかになっているだけに、非常に好対照なチャンピオンである。











 いつでも TRT は琢磨選手を応援します
Cw5sjph6  Gzc1z2v8    Gzc1z2v8



Ooxfvk01

F1(647) ジャン・トッド、来季もパドックに!

フェラーリの新CEOに任命されたジャン・トッドが、当分はフェラーリを率いていくと、ルカ・ディ・モンテゼモーロ社長がモンツァで明かした。

    

トッドが務めてきた役割はステファノ・ドメニカリが引き継ぐと言われていたが、モンテゼモーロ社長は
『La Gazzetta dello Sport(ガゼッタ・デロ・スポルト)』 に対し、 「(トッドがF1の役割を)どの程度、続けていくのかは、後で決める」 とコメントし、次のように続けている。

「トッドはファクトリーおよびレースの活動において、当座の監督を務める。つまり、全グランプリに姿を見せることになるのだ」

「また、ステファノ(ドメニカリ)は彼の監督下に就くことになっている」

さらに、1993年からフェラーリのチーム監督を務めているトッドについて、モンテゼモーロ社長は2007年
シーズン末まで、その仕事を誰かに引き継ぐことはないだろうと語った。












 いつでも TRT は琢磨選手を応援します
Cw5sjph6  Gzc1z2v8    Gzc1z2v8



Ooxfvk01

F1(646) ザナルディさん、頑張って!

「もうレースなんて懲り懲りだ」 と言ったとしても誰もが納得するところですが、やはり ミカ・ハッキネンも言ってるように 「レースドライバーの血が流れている」 んでしょうね。
ザナルディさん、夢が叶ってよかったですね。

    

元F1ドライバーのアレッサンドロ ザナルディは、来月にF1マシンをドライブするだろう。ザナルディは、11月24日から26日にかけてバレンシアで行われる 「フォーミュラBMWワールドファイナル」 でBMWのF1マシンをドライブする予定だ。

BMWザウバーF1チームのマシンをドライブすることによって、ザナルディはモーターレーシングの歴史書に改めてその名を残すことになるだろう。彼は、両足を切断したにも関わらずF1マシンをテストした最初の人物となる。彼は2001年にドイツのラウシッツリンクで起きた大事故で両足を失った。その後、BMWのドライバーとしてツーリングカー選手権で見事な復帰を果たし、FIA世界ツーリングカー選手権で2勝を獲得した。

ザナルディは、BMWのF1マシンをドライブできる機会を得ることができ、喜んでいる。
「まず始めに、この機会を与えてくれたBMWに感謝したい。これは私にとって素晴らしい出来事だ。もちろん、F1チームと契約することはできないのは知っているよ。しかし、F1マシンを再びドライブできることは信じられないことなんだ」

「F1はスピードを進化させることがすべてだ。だから、1999年の私の最後のグランプリ以来どれほど変化しているか、それを見るのが楽しみだよ」



    参照記事  ザナルディ、BMWでF1復帰!













 いつでも TRT は琢磨選手を応援します
Cw5sjph6  Gzc1z2v8    Gzc1z2v8



Ooxfvk01

2006年10月30日 (月)

F1(645) ルノーF1チームがNissanに!?

近い将来、NissanブランドがF1に登場するかもしれない、という憶測が新たに浮上している。

    

日本の自動車メーカーであるNissanと元F1チームオーナーであるアラン・プロストとの関係が取りざたされており、 『Le Journal du Dimanche』 紙はNissanが2008年にF1参戦を果たすと報じた。

4度のワールドチャンピオンに輝いた経歴を持つプロストは、自身のF1チームが破産した後、NissanとルノーのCEOであるカルロス・ゴーン氏のプロジェクトに際し、さまざまな報道がなされている。

また、Nissanの本社副社長であるサイモン・スプロール氏は、同紙にF1参戦は“ひとつの選択肢”だと語ったという。

「今現在、われわれは日本、アメリカ、アフリカのレースに参戦しています。そして、世界規模の選手権への投資を検討しました」 とコメントしたスプロール氏。

さらに、スプロール氏はNissanの社員が専門分野の詳細を理解し、観察し、学ぶために、いくつかのグランプリに参加したとも明かしている。

今シーズンの初めには、単純にルノーというF1チームがNissanという名称に変更になるという、うわさが流れていた。











 いつでも TRT は琢磨選手を応援します
Cw5sjph6  Gzc1z2v8    Gzc1z2v8



Ooxfvk01

F1(644) フェラーリ、シューマッハのテストドライブを歓迎!

そりゃぁ、ミハエルが 「OK」 してくれれば、フェラーリは願ったり叶ったりでしょうが・・・・・

    
どうやら、ミハエル・シューマッハは2007年以降、フェラーリのレギュラーテストドライバーになるというオファーを断ったようだ。

『La Gazzetta dello Sport(ガゼッタ・デロ・スポルト)』 紙によると、この事実はフェラーリのルカ・ディ・モンテゼモーロ社長とジャン・トッドが、先週末、モンツァで明らかにしたものだという。

モンテゼモーロ社長は、 「マイケル(ミハエル・シューマッハ)はやりたいとは思っていないだろう」 とコメントし、次のように続けた。

「しかし、もし明日、彼がフィオラノに現れて、テストドライブしたいと言うなら、当然、われわれは“もちろんOKさ”と答えるだろうね」

また、トッドも 「もし、マイケルがマシンをテストしたいなら、自由にやっていいと思っている。だが、今日までのところ、彼がそうしたいと言ったことはないがね」 と語っている。

さらに、シューマッハの新たな役割として発表されたトッドの“スーパーアシスタント”という職務について、トッドは“レースに参加する必要はないが”、ドライバー決定には深く関与するだろうと認めた。

一方、モンテゼモーロ社長は“鈴鹿でエンジンブローを喫した時でさえ”、チームに食ってかからないシューマッハの姿勢を歓迎しているようだ。      F1-Live.com













 いつでも TRT は琢磨選手を応援します
Cw5sjph6  Gzc1z2v8    Gzc1z2v8



Ooxfvk01

F1(643) 「最高です!」 佐藤琢磨

19位スタートで、10位チェッカー。今季最上位フィニッシュであるばかりか、内容がすこぶるよかった。最速ラップで9位。周回遅れにはなったが、それは 「最後にマッサが来たので譲った」 からで 「マッサ以外のドライバーには譲る必要はなかった。抜くことはあっても、抜かれることはなかった」 という満足の行くものだった。

    
第一次予選は20位だったが、最低通過ラインの16位のタイムまであと0.4秒。

「近かったですね(笑)。シーズン通じてこれだけ接近したことがなかったので、嬉しいです。もう少しスピードがあれば面白かったと思いますが、仕方ないです」


トップスピードは最低ライン。トップランナーとは10km/h以上の差がついており、
いくらコーナーで頑張ってもストレートでおいて行かれてしまうのでは打つ手がない。


「いまのウチにはこれ以上軽いウイングはないんです」 と苦笑するが、これは適量ダウンフォースを保持しながらかつ空気抵抗の少ないウイングはないという、スーパーアグリF1チームの苦しい台所事情を表している。


決勝は期待以上 !


「1コーナーは慎重に行きましたが、クルサードとアルバースを抜いて、セーフティカーが退去した後は
トロロッソに離されずついて行きました。なかなか前のクルマを抜けないんで、無線でピットに 『1周早く
ピットインさせてくれ』 と言って、第2スティントではトロロッソの前に出ることに成功しました。前のクルマに追いつける嬉しさを感じ、レースしてるッ!という気がしましたね」


第2スティントはしばしば1分13秒台の走行を見せたが、これはトップグループとさほど遜色ないタイム。

「タイヤがすばらしかったし、イタリアGPの前にシルバーストンでタイヤ・テストに参加してから、中国〜
日本〜そしてここブラジルと、エンジニアリング的にきっちりタイヤ・マネージメントができるようになった」


琢磨自身 「大冒険だった」 というスーパーアグリF1チームへの移籍1年目は終った。来季もこのチームで走る、というその目に、一点の曇りもなかった。
















 いつでも TRT は琢磨選手を応援します
Cw5sjph6  Gzc1z2v8    Gzc1z2v8



Ooxfvk01

F1(643) ブルーノ・セナ、「2009年にはF1に行きたい」

ブルーノ・セナが2009年には、F1のグリッドに並びたいと明かした。

    
23歳のブルーノは、ワールドチャンピオンに3度輝いた故アイルトン・セナの甥っ子。ブルーノは29日(日)、ホッケンハイムで来年はGP2シリーズでがんばりたいと、報道陣に語っている。

アイルトンのマクラーレン時代のチームメイト、ゲルハルト・ベルガーが共同オーナーを務めるトロ・ロッソからF1デビューを果たすとの見方が強いが、ブルーノは 『Bild(ビルド)』 紙に 「すでに、いくつかのF1チームとコンタクトを取っているんだ」 と語り、次のように続けた。

「(GP2での)活躍によっては、2年以内でF1に上がれればいいなって思う」

また、2006年F1最終戦ブラジルGPを最後に引退したミハエル・シューマッハについて言及したブルーノ。

「もし、おじさん(アイルトン)が死んでいなかったら、シューマッハのタイトルは2回くらい少なかったんじゃないかな」

「マイケル(シューマッハ)が限界の状態でドライブすることは、めったになかっただろうけど、アイルトンがいれば状況は違ったんじゃないかって思うんだ」    F1-Live.com












 いつでも TRT は琢磨選手を応援します
Cw5sjph6  Gzc1z2v8    Gzc1z2v8



Ooxfvk01

F1(642) 29日(日)、モンツァにて、

フェラーリのCEOになるジャン・トッドは当面現在のマネージング・ディレクターを兼務、
それに、トッドのアシスタントになるミハエルは、まず、じっくり休息してから。
また、ライコネンのフェラーリ入りに関して、実際はミハエルがライコネンを選んだ。
もう一つ、ミハエルはフェラーリで若手ドライバーのスカウトを担当。

    

ジャン・トッドがフェラーリのCEOとなることが発表されているが、日曜日にルカ・ディ・モンテゼモロは当面トッドが現在のマネージング・ディレクターの役割を兼務する事が明らかになっている。
この兼務期間については短期ではないということだが、ブラウンが来季中旬にチーム側と打ち合わせを持つことからも、この職務にはロス・ブラウンが2008年から就任するのとではと噂され始めている。



日曜日、フェラーリはミハエル・シューマッハの新たな役割についての発表を行っているが、シューマッハ自身はまずは当面じっくりと休息をしたいと語っている。

「現時点で具体的なミッションがあるわけではない。ただジャンには、僕が関心を示していることや、手助けになれそうなことについて話をしてあるんだ。こうした形でチームに関われて、嬉しいよ。だけども、まずは数ヶ月はゆっくりと休息をしたい。そして自分のしたいことについて明確な意見を持ちたいと思っている。こうした機会を与えてくれたフェラーリには感謝している。」



ジャン トッドは、フェラーリがマクラーレンのキミ ライコネンとの契約に興味を持っていた際、ミハエル シューマッハがチームにアドバイスをしていたことを認めた。実際は、ライコネンを選んだのはミハエルだということだ。

トッドはモンツァで次のように語った。
「キミがフェラーリと契約をする際に、ミハエルはその過程に関与していた。我々はミハエルに会合の内容を毎日連絡していたんだ。キミとの契約がどうなっているのか、また我々の決定したかったことについて、ミハエルは全て知っていたよ。だから、彼にとってはライコネンと契約したことは突然の出来事ではなかったんだ」



モンツァで開かれた2006年の 「フェラーリ ワールド ファイナル」 のイベントで、ミハエル シューマッハとジャン トッドは、このドイツ人の今後の予定について語った。7回のワールドチャンピオンであるミハエル シューマッハは、このイタリアのチームのために、若い才能あるドライバーの発掘を担当することになる。

「ミハエル(シューマッハ)はいつも若いドライバーに興味を持って注目していた」 とフェラーリのチーム監督であるジャン トッドは、モンツァで今日語った。
「実際、今、私の隣にはその才能ある若者が一人いる。ミハエルが私のところに来て、フェリペについて話したときのことをよく覚えているよ。当時フェリペはまだ下位カテゴリーで走っていたんだ。彼はまた、まだライコネンがザウバーでF1デビューをする前に、彼について私に話してくれた。だから、ミハエルは若い才能を見る目があると思っている。将来のドライバーを探すにあたって、彼はフェラーリにとって重要な存在になる可能性がある」

下位カテゴリーの若い才能を見つけてチームを助けること以外に、シューマッハはまたフェラーリの市販車の開発にも関わり続けることになっている。

シューマッハはこれからもフェラーリと関わり続けることができることを喜んでいる。モンツァで彼は次のように語っている。
「フェラーリが、僕にチームと関わり続ける機会を与えてくれたことを嬉しく思っているよ。チームは僕のこれからの役目について自由にさせてくれるだろう。たとえば、僕にデスクワークをしてほしいなんて思っていないだろうね。僕にとってはまたとない機会だと思うけど、まずは何カ月か休みをとって、頭の中を整理して、それから仕事に戻って来たいね」













 いつでも TRT は琢磨選手を応援します
Cw5sjph6  Gzc1z2v8    Gzc1z2v8



Ooxfvk01