おこしやすぅ~

  • ようこそnonochiブログへ

只今メンバー募集中

  • TRT 本部へ

takuma Sato OFFICIAL Site

  • takuma Sato.com

感動をありがとう

  • TRT 本部へ            (C)TRT Communication

TRT Communication

アグちゃん3号

  • SA07    (C)kanji/カンジのあなた!

ポッキー クロック

  • 江崎グリコは
    佐藤琢磨を応援しています

SUPER AGURI F1 TEAM

  • ありがとう SAF1

アート工房 みやび

  • 大切な瞬間を刻む
    メモリアルギフト専門店
    アート工房 みやび

今 何時?

☆ 食前食後に ☆

好きな花 マーガレット

ZARD 20th Anniversary

  • ZARD 20th Anniversary Site

History of IZUMI SAKAI

ZARD フォトアルバム

  • ZARD フォトアルバム

WEZARD 10 th ANNIVERSARY

  •  WEZARD 10 th ANNIVERSARYサイトオープン!

WEZARD.net

  • ZAED Official Web Site

ZARD OFFICIAL FANCLUB

  • ZARD OFFICIAL FAN CLUB Site

Ristorante Soffio

  • Ristorante Soffioは5月30日(日)
    をもちまして閉店致しました
    2年間 ご愛顧頂き有難うございました
    Ristorante Soffio 閉店

クリックすると鳴きますよ

Powered by Six Apart
Member since 07/2008

« 2005年12月 | メイン | 2006年2月 »

2006年1月

2006年1月27日 (金)

F1(173)遂に承認! おめでとう 佐藤琢磨 “スーパーアグリF1”

ようやく “スーパーアグリF1” FIA に追加エントリーが承認されました


お め で と う ! !


佐 藤 琢 磨 選 手 !


鈴 木 亜 久 里 さ ん !


S A F 1 の ス タ ッ フ の 方 々 !


T R T の メ ン バ ー の み な さ ん !


佐藤琢磨ファンにとっては待ちに待ったこの瞬間。

開幕戦のバーレーンのグリッドに“スーパーアグリF1”の2台が並ぶその日を夢に見ているファンにとって

いや、もう夢ではないのです、本当に待ち焦がれた瞬間となりました。


SUPER AGURI 26.01.2006

Following receipt of the necessary financial guarantee and with the unanimous support of the competing teams, the FIA has accepted the late entry of the Super Aguri F1 Team to the 2006 FIA Formula One World Championship.

必要な財政的な保証の受領の後で、そして、競争しているチームの一致した支持で、FIAは2006のFIAフォーミュラワンWorldチャンピオンシップに、Super Aguri F1 Teamの遅いエントリを受け入れました。

FIA Media Centre より





現地時間26日(木)、新チームSUPER AGURI Formula 1に、

F1を統括するFIAからF1世界選手権参戦の正式承認が下った。

「必要な供託金を受け取り、既存の全チームからの同意を得たことで、

FIAは2006年F1世界選手権へのSUPER AGURI F1の再申請を承認した」

これにより、SUPER AGURIは2006年シーズンを戦う11チーム目となり、

3月12日(日)に決勝が行われる開幕戦バーレーンGPに向けて軌道に乗った。


                    

「みなさん ご心配おかけしました やっと決まりました」   
Mvs1jbur_s




  お祝いバージョンロゴ いつでも TRT は琢磨選手を応援します
Ahefjixk




2006年1月24日 (火)

F1(172) FIA承認発表 いよいよカウントダウン“スーパーアグリF1”

またまた 追  記


1月27日(金)0:23 すぽると!「F1亜久里監督が新チームを語る」 フジテレビ番組表 より


club club club club club club club club club club club club club club club


追   記


遂に今夜か? トーチュウ F1 EXPRESS では

FIAの追加エントリーの正式承認は一両日中


しかしながらホンダ・レーシング・デベロップメント(HRD)の和田康裕社長は

今季からF1参戦を目指す鈴木亜久里氏の新チームについて

「ここ1、2週間以内に(国際自動車連盟との)法的な手続きが終わる。

開幕に間に合うようにサポートしていく」と話した。 共同通信 1月25日 23時30分 更新

あなたならどちらを信じますか。一両日中か1、2週間か、さあ どっち!?


club club club club club club club club club club club club club club club


スーパーアグリ「保証金は支払い済み」、F1参戦OKへのカウントダウン!?


スーパーアグリのスポークスマンがイギリス、crash.netに語ったところによると、

チームはF1参戦への保証金の支払いが完了したという。

チームとしては近々正式にエントリーが認められることを期待しているようだ。

スポークスマンは「保証金は払い込み済みだ。FIAからの知らせを待っているところだ」とコメント。

4800万ドル(約54億円)と言われている保証金を納入し、

あとは正式にエントリーが認められるのを待つばかりの状態のチームだが、

「1月13〜15日の週末の間に知らせが来るのかと思っていた。しかし、まだ来ていないので、

今週中には何か聞けるのではないかと考えている」という。

これに対して、FIAのスポークスマンが1月5日にロイターに

「他の参戦全チームからの例とエントリーへの承認を得て、来週(1月9〜13日の週)には保証金の納入が

チームからされると言うことを聞いている。

正式発表は払い込みが確認されたときに行なうことにしている」と語っている。

近いうちに何らかの動きがあるかに注目だ。

      [ AUTOSPORT web 1月23日 21時51分 更新 ]  Yahoo!F1ニュース より


さあ いよいよですよ〜 来てます 来てます 今週こそ ついそこまで!頼みまっせ!



 今週こそ特大のロゴで気合を込めて!いつでも TRT は琢磨選手を応援します
04rnr9s4




2006年1月20日 (金)

F1(171) 承認発表は来週! “スーパーアグリF1”

また 今週もフラれてしまいました

これは お姉さん からの情報です

アグリチームの承認は

今週中には、難しそう

早ければ、来週早々あたりに


この記事はトーチュウの有料サイトの情報だそうですけど、待ちますよ もう慣れてますから

来週 来週と言っていれば そのうち当たるでしょう(笑)

残念ながら 特大ロゴの効き目は ありませんでした


追  記


佐藤琢磨公式HPの BBS より


スーパーアグリF1のエントリーは、来週にずれ込む可能性が高いらしい。

FIAのM・モズレー会長からチームに対して「現地で会いましょう」と参戦を歓迎する手紙が届いたそうで、

内定はしっかり出ているとみていいらしい。

チーム関係者によると「今週は何も起きない。逆算すれば来週はじめには発表が行われそう」だって!



 今週は特大のロゴで気合を込めて!いつでも TRT は琢磨選手を応援します
04rnr9s4




2006年1月17日 (火)

F1(170) やっぱり アンソニーは“スーパーアグリF1”ヘ?

デビッドソン 今季中にスーパー アグリ移籍も

Davidson could still race in 2006
デーヴィッドソンは、2006年にまだ競争することができました

Anthony Davidson may pop up on the 2006 formula one grid in the second half of the year.
アンソニーデーヴィッドソンは、年の後半に、2006の公式ものグリッドの上でひょいと現れるかもしれません。

Aguri's managing director Daniele Audetto said earlier this month that Davidson's '06 role as Honda tester 'may change' when the new team has a bespoke car up and running. The Leafield based outfit, Super Aguri, will kick off the year with the 2002 Arrows 'A23' racer, which will almost certainly be slow.
アグリの常務ダニエールAudettoは、今月始め、新しいチームが上で注文の車とランニングをするとき、ホンダテスターとしてのデーヴィッドソンの06役割が『変わるかもしれません』と言いました。Leafieldベースの一式(Superアグリ)は2002のArrows『A23』レーサーで年をキックオフします。そして、それはほとんど確かに遅いです。

''Maybe Anthony will have a (racing) opportunity with us,'' Brazil's de Ferran said at the Autosport International in Birmingham, ''or maybe he will have an opportunity with somebody else.
「多分、アンソニーには我々と(レース)機会があります」と、ブラジルのデフェランがバーミンガムでAutosportインターナショナルで言いました、または、多分、彼には他の誰かと機会があります。



デビッドソン シーズン後半にも移籍 の可能性

アンソニー デビッドソンが2006年においてスーパー アグリに加入する可能性はまだ残されている。ホンダはデビッドソンをチームのサードドライバーとして発表したが、シーズン後半にも移籍する可能性があるという。

ホンダのスポーティングディレクターであるジル ド フェランはバーミンガムでのオートスポーツショーにおいて、「彼が我々のチームで機会を得るかもしれないし、他のチームで機会を得るかもしれない。しかし、いつか彼がレースをすることができると確信している」と、コメントしている。




 今週は特大のロゴで気合を込めて!いつでも TRT は琢磨選手を応援します
04rnr9s4




2006年1月16日 (月)

F1(169) さあ 週が明けました“スーパーアグリF1”の承認は如何に?

注目の鈴木亜久里氏が登場!


千葉の幕張メッセで13日から行われている世界最大規模のカスタムショー

“TOKYO AUTO SALON 2006 with NAPAC”最終日の15日、

鈴木亜久里氏が“ARTAドライバートークショー”に参加

「チームでは今、クルマを組んでいるところです。発表が遅かったために、

準備が遅れている部分もありますが、しっかりとやっていきますので、見ていて下さい」

と気になるチームの進捗状況については大きな発表もなかったが、笑顔で現状を語っていた。 

       Racing-Live.com より


先週の12日木曜日に“スーパーアグリF1”の追加エントリーが発表されると Pitpass.Com の記事に
載りましたが、

残念ながら、その当日 YOMIURI ONLINE に正式承認は16日以降に延期と言う記事がでました。

また、その後前述の Pitpass.Com からもあと4〜5日を要するだろうという記事も。


承認が待たれるSUPER AGURI  Racing-Live.com より


正式エントリーまで秒読みとされるSUPER AGURI Formula 1だが、依然として発表のないまま、

本日13日(金)も終わろうとしている。FIAからは今週中に正式承認が降りるという説が有力だったため、

当のSUPER AGURIサイドも、その時を待ち構えていたことだろう。しかし、一部の報道によれば、

懸案のFIAへの供託金支払いとは別に滞っている部分があるようだ。

したがって、SUPER AGURIに関する発表は来週以降になるものと見られている。


メディアに踊らされ、一喜一憂しているファンの一人ですが、その来週が遂にやって来ました。

はたして発表は、今日か? 明日か? 明後日か? 今週こそ頼むでぇ〜 もうフラフラやぁ〜



「亜久里はん みんな応援してまっせ 頑張ってや」   
Rm4z7kpn_s



 今週は特大のロゴで気合を込めて!いつでも TRT は琢磨選手を応援します
04rnr9s4




2006年1月12日 (木)

F1(168) FIA発表は来週に “スーパーアグリF1”

自動車のF1世界選手権に参戦を予定している新チーム、スーパーアグリ・フォーミュラワン(鈴木亜久里代表)の正式承認が週明けの16日以降にずれ込む見通しとなった。

 当初は12日に承認される見込みだった。

 同チームでは、選手権を統括する国際自動車連盟との書類のやりとりで行き違いがあったため、と説明。「時期が遅れるだけで、承認されることは間違いない」と話している。

    2006年1月12日19時40分 読売新聞 より

11月から今まで待っていたのですから、あと4,5日待つぐらい・・・・



 いつでも TRT は琢磨選手を応援します
Cw5sjph6


2006年1月11日 (水)

F1(167) FIAの承認は木曜日!?“スーパーアグリF1”

“スーパーアグリF1”のFIA追加エントリー発表はこの週明けということでしたが

どうやら Pitpass.Com によりますと今週の木曜日のようです。この情報は c9pyonお姉さん からです。


スーパーアグリ、木曜日に発表

私たちの情報筋は、木曜日の昼食時までに、スーパーアグリの2006年のF1GPの

エントリー発表があるかもしれないと、見解を示しました。

私たちは、土壇場の法的な議論に続いて、単に月曜日が日本では休日であったと言う事実により、

遅れたと理解しています。

日本のチームのエントリーが受け入れられれば、F1グリッドは、

2002年以来初めて10チームを越えるチームが集まるでしょう。

(そのシーズン、アロウズは、シーズン途中で撤退しました)




  いつでも TRT は琢磨選手を応援します
Cw5sjph6


2006年1月10日 (火)

F1(166) バトンはセカンドドライバー

いやぁ〜 見る人はちゃんと見てますねえ かつてミハエル・シューマッハの

チームメイトで “世界最強のセカンドドライバー” と言われていたエディ・アーバイン


E.アーバイン氏 「J.バトンはセカンドドライバー」 msnスポーツ より

元F1ドライバーのエディ・アーバイン氏は、イギリスのモータースポーツ専門紙『Motorsport News』

とのインタビュ−で、Hondaのジェンソン・バトンについて「バトンはセカンドドライバー」との見解を示した。

BBC(英国放送協会)、イギリスのモータースポーツ専門誌『AUTOSPORT』(電子版)等、

海外複数メディアが現地時間(以下、現地時間)4日に伝えた。


E.アーバイン氏は、2000年にF1に参戦して以来、未だ優勝経験のないJ.バトンに対し

「今年、ジェンソンには才能があるのか、それとも力量が不足しているのかが分かるだろう。

ルーベンス(・バリチェッロ)は理想的な比較対象だ。ジェンソンは腕をあげることができるのか、

それとも残りのキャリアをナンバー2として過ごすのか」とコメント。


そして、「ジェンソンは、佐藤琢磨とジャック・ビルヌーブ以外の全員に負けている。
ちょっとココ琢磨ファンには耳が痛い


これは無視できない事実だ。ジェンソンを雇うなら、セカンドドライバーとしてだね。そうミスはしないし、

あまりリタイアもせず、いつもマシンを持ち帰る。でも、彼のレースのペースが心配だよ。

トゥルーリにもフィジケラにも負けた。ジャックとも実際何もなかった。BAR(現Honda)時代に

良いところがなかったジャックと、ほとんど変わらないよ」と厳しい意見を浴びせた。



しかし、新しくチームメイトになったバリチェロ F1NEWS 1月6日で次のようなコメント

ホンダのR・バリチェロは,新チームメイトとなるJ・バトンについて

『チームが前進するときというのは,ドライバーがお互いにうまくいっているときなんだ。

そして,ボクとしては敵を作るドライバーより,(ジェンソンのような)友人を作るタイプが好きかな。

ボクはジェンソンのことを友人としてよく知っているけど,まだ一緒には仕事をしたことがない。

彼は素晴らしく良いドライバーだから,彼との仕事は“チャレンジ”になるし,

素晴らしい方が勝利できるだろうネ。』とコメントし,パートナーとして高く評価していることを明らかにした。


まあ、これは誰が見てもベンチャラですなあ カーナンバーも貰ったし

初っ端からチームメイトを貶すわけにいかんしねえ バリチェロさん



なにかしら 違和感を持つのは僕だけでしょうか   
8tb8x86b_s




  いつでも TRT は琢磨選手を応援します
Cw5sjph6



2006年1月 9日 (月)

F1(165) 「ニック フライ がクビになった」と言ったら、

さぞかし手をたたいて喜ぶ方が多いでしょう。特に琢磨ファンの中には。


“肉揚”の愛称?で通っているホンダのチーム代表ニックフィライ、口を開けばバトンにベンチャラ

ホンダにベンチャラ、チームのことより自分の地位の事しか考えて無いように思われます。

「口は災いのもと」と言う諺がイギリスに有るのか無いのか知りませんが、ホンダの新しいチーム名を

発表前にバラしてしまうし、今度はチームの空力専門家のウィレム・トートと喧嘩したようです。


'Zero worries' about job security says Fry
雇用の安定についての『0心配』は、フライを言います

Nick Fry has dismissed any ideas that his position as Honda’s team boss is at risk.
ニックフライは、ホンダのチームボスとしての彼の位置が危険にさらされているというどんな考えでも退けました。

The rumours first surfaced during testing in December and increased when the teams senior aerodynamicist, Willem Toet, resigned following a disagreement with Fry.
チーム上級空気力学者(ウィーレムToet)がフライへの反対の後で辞任したとき、噂は最初に12月にテストの間、浮上して、増加しました。

F1 Racing magazine reported that Toet told Fry, by email, ''I will not be abused.''
F1 Racing誌はToetがフライに言うと報じました、電子メールで、「私は、虐待されません。」

The team principal though maintains that he is unconcerned by these rumours and that he feels safe in his current job.
チーム校長は、しかし、彼がこれらの噂によって無関心である、そして、彼が彼の現在の仕事で無事であると感じると主張します。

''That's rubbish,'' said Fry to F1 Racing.
「それは、ゴミです」と、F1 Racingへのフライが言いました。

''I have absolutely zero worries as far as that's concerned.''
「それが関係する限り、私には絶対に0心配があります。」

PLANET-F1.com より Yahoo!翻訳     


また F1GPnews  にも 2006年01月07日(土) フライに更迭の噂

ホンダのニック・フライに更迭の噂があるという。理由は定かではないものの、現状のポジションが安泰ではないといわれており、また昨年限りでチームを去ったシニア・エアロダイナミクス・エンジニアである Willem Toetの離脱の原因は、フライとの確執であったとも噂されている。
ただし、この噂についてフライ自体は「全く馬鹿げた噂」だとしている。


と、まあ相変わらず自身満々の発言をなさっておいでになりますぅ〜




  いつでも TRT は琢磨選手を応援します
Cw5sjph6



2006年1月 8日 (日)

F1(164) えっ! あの空飛ぶインド人が 佐藤琢磨のチームメート!?

追   記  9日03:30


空飛ぶインド人はウイリアムズへ飛んで行ったようです

Narain to choose Williams
ウィリアムズを選ぶナーレン


Indian racing driver, Narain Karthikeyan, is looking more and more likely to head to Williams and take up a place as a second test driver, rather than race for the new Super Aguri team.
インドのレーシングドライバー(ナーレンKarthikeyan)は、ますますウィリアムズに進んで、第2のテストドライバー(新しいSuperアグリチームのための人種よりむしろ)として場所を始めそうに見えています。

Karthikeyan had been linked with the new team but it now seems that, due to the teams’ lack of development, he will choose Williams.
Karthikeyanは新しいチームに結ばれました、しかし、現在、発展のチームの不足のために、彼がウィリアムズを選ぶようです。

Originally it was believed that his sponsors would clash with those of the Japanese team but now it has been reported that Karthikeyan, and those close to him, do not want to get involved with a team he can't be sure will be able to really compete.
当初、彼のスポンサーが日本チームのそれらと衝突すると思われていました、しかし、現在、Karthikeyan(彼の近くのとそれら)が彼が確かにはありえないチームと関係していたくないことが本当に競争することができると報告されました。

"As per information available to us, Super Aguri is lagging behind. They say the car will be ready for the San Marino Grand Prix but we have our doubts.” A source close to the driver is reported to have told the Indian PTI news agency.
「情報につき我々が利用できるように、Superアグリは遅れています。彼らは車がサンマリノグランプリの準備ができていると言います、しかし、我々には我々の疑いがあります。」、ドライバーの近くのA源は、インドのPTI通信社を言ったことが報告されます。

“We don't want a repeat of the 2005 situation where Jordan kept saying the car will be ready, and finally when it came, the improvement was not significant."
「我々はヨルダンが車が準備ができていると言い続けた2005の状況の繰り返しが欲しくはありません、そして、ついに、それが来たとき、改善は重要ではありませんでした。」

PLANET-F1.com より  Yahoo!翻訳       


club club club club club club club club club club club 


“スーパーアグリF1”セカンドドライバーの問題でややこしくなっている中、

ようや落着いたと思われたスポンサーのソフトバンクが、F1のネット活用でFOMと問題が。


空を飛ぶインド人 2005ベルギーGP  
Ax4kdhgk

カーティケヤンのSUPER AGURI F1入りを阻む障害 Racing-Live.com より

F1残留に最後の望みを掛けるナレイン・カーティケヤンだが、皮肉なことに、スポンサーの衝突にその可能性を摘み取られようとしている。昨年、ジョーダンから念願のデビューを果たした28歳のカーティケヤンだったが、チームボスのコリン・コレスと反りが合わず、シートを失った。しかし、彼にはTataという、インドの自動車メーカーがメインスポンサーについている。

当初、ソフトバンクの後援を受けるといわれた新規参入予定のSUPER AGURI Formula 1チームだったが、その話が消え、その後、タイトルスポンサーとしてTataの名前が候補に挙がった。実現すれば、カーティケヤンのSUPER AGURI F1入りも現実味を帯びたことだろう。

しかし、インドの出版社『Outlook India』が5日(木)に明らかにしたところによると、SUPER AGURI F1とTataの間には、チームのスポンサーとサプライヤーをめぐる"利害の対立"があるというのだ。

SUPER AGURI F1とHonda Racing F1の関係は、完全に明らかにされているわけではないが、Hondaは自動車メーカーとしてインドで強い存在感を示しており、ライバルと同じチームに相席するというのは、どちらにとっても本意ではないだろう。

「Tata Motorsにしても、インド市場を考えると、ナレインがライバルのために走る姿は見たくないはずだ」と初のインド人ドライバー、カーティケヤンにごく近い筋の証言もある。


カーティケイン,新チームの正ドライバーに!? F1News 1月6日より

元ジョーダンのN・カーティケインは,今シーズンの新たな役割としてウィリアムズとの契約を狙っているが,新たな可能性として『鈴木亜久里代表の新チームに正ドライバーとして加入!?』が噂されている。
カーティケインは,インドを中心とした大スポンサーの支援を受けており,政府のバックもあることから“開発資金を必要とするチーム”にとって注目のドライバーとなっている。

ただし,カーティケインの最大支援企業である「Tataグループ」は自動車財閥でもあるため,“ホンダ色が強い新チーム”とは相容れない部分が多く,交渉の進展は困難とみられている。



  いつでも TRT は琢磨選手を応援します
Cw5sjph6