おこしやすぅ~

  • ようこそnonochiブログへ

只今メンバー募集中

  • TRT 本部へ

takuma Sato OFFICIAL Site

  • takuma Sato.com

感動をありがとう

  • TRT 本部へ            (C)TRT Communication

TRT Communication

アグちゃん3号

  • SA07    (C)kanji/カンジのあなた!

ポッキー クロック

  • 江崎グリコは
    佐藤琢磨を応援しています

SUPER AGURI F1 TEAM

  • ありがとう SAF1

アート工房 みやび

  • 大切な瞬間を刻む
    メモリアルギフト専門店
    アート工房 みやび

今 何時?

☆ 食前食後に ☆

好きな花 マーガレット

ZARD 20th Anniversary

  • ZARD 20th Anniversary Site

History of IZUMI SAKAI

ZARD フォトアルバム

  • ZARD フォトアルバム

WEZARD 10 th ANNIVERSARY

  •  WEZARD 10 th ANNIVERSARYサイトオープン!

WEZARD.net

  • ZAED Official Web Site

ZARD OFFICIAL FANCLUB

  • ZARD OFFICIAL FAN CLUB Site

Ristorante Soffio

  • Ristorante Soffioは5月30日(日)
    をもちまして閉店致しました
    2年間 ご愛顧頂き有難うございました
    Ristorante Soffio 閉店

クリックすると鳴きますよ

Powered by Six Apart
Member since 07/2008

« 2005年11月 | メイン | 2006年1月 »

2005年12月

2005年12月29日 (木)

F1(157) 佐藤琢磨のチームメイトは井出有治?

今までに“スーパーアグリF1”のセカンドドライバーには色々な人が挙げられています。

デビッドソン、キャロル、山本左近、井出有治、松浦孝亮、しかし、ここにきて井出有治が急浮上!


ここ には、イギリスのモータースポーツ専門誌『Autosport』は、

来季の参戦を目指すSUPER AGURI Formula 1のドライバーについて、

「SUPER AGURI Formula 1のセカンドドライバーは井出有治」と報じた。

同誌は、モバイルキャストとスポンサー契約を結んでいる井出有治こそが

そのチームメイトの最有力候補であり、

チームのエントリーが承認された後に、公式発表があると伝えた。



また、少し以前の 記事 ではあるが、山本左近が20億円のスポンサー、

井出有治がモバイルキャストから15億円、

金額では山本が優位だが、ARTAの関係からすると井出が一歩リード
 と言う話。


GP2005.com には Sato and Ide for Super Aguri?
 December, 27th - 06:47

Takuma Sato may be in pole position for the number one driver role at the new Super Aguri Racing Formula One team if they get the go ahead by the FIA to join the 2006 grid, something that is currently seen as just a formality by most of the F1 paddock, but there are several names being tossed around as the potential number two, the latest being Yuji Ide.
彼らが着くならば、サトウが新しいSuper Aguri Racing Formula Oneチームで一番のドライバー役割のためにポールポジションであるかもしれないタクマ進む、潜在的ナンバーツー(最新にユウジイデであること)としてまわりに投げられているいくつかの名前は、2006の格子(大部分のF1パドックのそばでちょうど形式と現在みなされる何か)をそこ以外に接続するFIAによってあります。


Reports in Autosport indicate that the Formula Nippon racer has moved into the lead for the role of second driver, beating others, such as Anthony Davidson, Sakon Yamamoto, Alexander Wurz and Kosuke Matsuura, to the seat by already putting pen to paper with the aid of sponsors at Japanese Bluetooth company, Mobilecast.
AutosportのレポートはFormula日本レーサーが第2のドライバーの役割のためにリードへ移動したことを示します。そして、日本のブルートゥース会社(Mobilecast)でスポンサーを用いて、すでに書き始めることによって席に他(例えばアンソニーデーヴィッドソン、サコン山本、アレクサンダーヴルツとコウスケ松浦)を打ちます。

Ide has raced in the Formula Nippon series for the past four years and it is thought his position will be announced when the team confirms their 2006 entry early next month.
井出は過去4年の間Formula日本シリーズにおいて競争しました、そして、チームが来月早く彼らの2006のエントリを確かめるとき、彼の位置が発表されると思われます。  Yahoo!翻訳


今までの色々な記事とは違い、非常に確信があるように思われますが、

ほんとうに井出有治に決定なのでしょうか。ともかくFIAの正式発表がないことには・・・




  いつでも TRT は琢磨選手を応援します
Cw5sjph6



2005年12月28日 (水)

F1(156) “スーパーアグリF1” 吉報は年明けか

追  記


27日 琢磨選手の赤ちゃんと奥さんが退院したようです 佐藤琢磨公式サイト ファンクラブBBSより


club club club club club club club club club club club club


先週のクリスマスまでにFIAの承認発表があるかと期待してましたが、

今となっては年内は無理っぽいです。


時事通信 によると

「スーパーアグリF1」のチーム関係者は27日、FIAの年内業務がほぼ終わっているため、

追加申請の承認が下りるのは年明け以降になるとの見通しを示した。

FIAは先週末からクリスマス休暇と年末年始の休業に入っており、同関係者は「何も動きはない。

(FIAとも)連絡が途絶えている」と話し、吉報が届くのは年明けととらえている。


F1Racing.jp でもフェラーリのジャン トッドはスポーツビルドに対して、

「新しい年に、新しいチームがレースをするだろう」と、語っている。しかし、

スーパー アグリに対するゴーサインは1月の第2週以降まで出されないのではないかと言われている。


またセカンドシート争いにおいて、フォーミュラニッポンドライバーである30歳の井出 有治が

候補に浮上してきている。それ以外にも、山本 左近や松浦 孝亮も候補として挙げられているが、

佐藤 琢磨のファーストドライバーシートはすでに契約されていると見られている。

しかし、Nifty F1の ここ では松浦孝亮のスーパーライセンスに問題がありそうです。

そしてそれを裏付けるかのように「FM NACK5 鈴木亜久里 F1 EXPRESS」の サイトでは 

2006ドライバー予想の 一覧表 のセカンドドライバーとして

デビットソンが記入されてましたが12.26更新により井出、山本と書替えられました。

セカンドドライバーも気になる所ですが、一日でも早くFIAの正式発表をして欲しいものです。



  いつでもTRT は琢磨選手を応援します
Cw5sjph6



2005年12月27日 (火)

F1(155) “スーパーアグリF1”は忍者のマシン?

スーパーアグリF1は、開幕戦バーレーンGPを

アロウズの古いA23シャーシで走行!


現存のコンストラクターからクルマを購入することはコンコルド協定によって禁止されている為、

スーパー アグリ F1は、05年スペックのBARホンダシャーシを使って戦うことは出来ない

そのためアロウズの古いA23シャーシを所有者であったポール ストッダートから買い取っている。

「もちろん、すぐにペースが得られるとは期待していない、オリジナルシャシーが出来上がるまでの

最初の数レースはチームのトレーニングに使うことになるだろう」とダニエル オデットはコメントしている。

A23は当時より厳しくなった2006年のクラッシュテストをクリアするため、

そして2006年のレギュレーションに適合するために改良されシーズン第4戦目となる

サンマリノGPまでは使用されることになるだろう。


F1 Central 及び F1Racing より


その結果、改良されたシャシーは当時のA23とは似ても似つかぬクルマになるかも?


まさに戦国時代から甦り、手裏剣のロゴマークをつけた


忍 者 ま し ー ん !


もちろんスーパーアグリF1のピットクルーは黒の忍者装束です!


追 記 ルビーさん のご提案によりサポーターも忍者装束で




  いつでも TRT は琢磨選手を応援します
Ocxsooct



F1(154) Honda Racing F1 来季はレース優勝を飾る!

冨田TMG社長、「2006年は必ず優勝を」と 檄を飛ばせば ホンダも負けてはおられません。


Honda Racing F1チームのテクニカルディレクター ジェフ・ウィリスはHonda Racing F1 

オフィシャルサイトで次のようなコメント。


2006年シーズンに向けて、確実なスタートを切っているのは確かです。新しいV8エンジン搭載マシンは、

速さと極めて快調な走りをテストで実証しています。来シーズンのマシンは、風洞テストの回数からしても、

良い出来であるのは確かですし、新車発表まで、まだ4、5週間あります。我々チームにとって、

レースに勝つことが最重要なことは明らかです。

2006年には絶対にレース優勝を果たさなければなりません。

単に優勝を目指すだけでなく、全レースで優勝を狙わなければなりません。


あらゆることが正しい方向に進んでいると思います。非常に強力なドライバーを獲得し、マシンとエンジンが

大きなステップを一歩踏み出したと同時に、ブラックリーと栃木でチームが一丸となっています。

先週の日本でのミーティングでは、「ワンチーム」スピリットともいうべき、

素晴らしい一体感を感じました。もちろん、簡単にいかないこともありますが、

チーム全員が前向きなチャレンジ精神を内に秘めています。

自信とチャレンジ精神を抱いて、2006年を我々チームにとって素晴らしい年にしたいと思います。



  いつでも TRT は琢磨選手を応援します
Cw5sjph6



2005年12月26日 (月)

F1(153) “スーパーアグリF1” 佐藤琢磨と松浦孝亮か?

もうココまで来れば、もうすぐ発表されると思うのでそれを待てばいいのですが、

それまで待てないのがファンの心理。SAF1の2ndとしてここでは松浦孝亮、アンソニーデーヴィッドソン、

アダムキャロルの3人の予想でしたが GrandPrix.com では松浦孝亮だけが挙げられてます。


Super Aguri and Matsuura

スーパーアグリと松浦


Super Aguri F1 will run Takuma Sato in 2006. The news has not yet been confirmed but Sato is one of the reasons that the team exists and it would be amazing if he did not drive. The big question therefore is who will drive the second car and while there is the normal talk of Anthony Davidson and other BAR contracted drivers, it is much more likely given the funding that the team will run two Japanese drivers and that the second man will be Aguri Suzuki's longtime protege Kosuke Matsuura. Some say that he has not raced on road courses for a couple of years, which is true, but prior to that he did all his racing on road circuits and presumably has not forgotten how to do it.
スーパーアグリF1は、2006年にタクマサトウを立候補させます。ニュースはまだ確かめられませんでした、しかし、サトウはチームが存在する理由のうちの1つです、そして、彼が運転しなかったかどうかは驚くほどです。大きい問題はしたがって、誰が第2の車を運転するかということです、そして、アンソニーデーヴィッドソンの通常の話がある、そして、他のBARがドライバーを婚約させた間、チームが2人の日本のドライバーを立候補させることが、そして、第2の男が鈴木亜久里の長年の被保護者コウスケ松浦であることが資金提供があればずっとありそうです。何人かは彼が2年(それは真実です)道コースで競争しなかったと言います、しかし、それの前に、彼は道回路の上で全ての彼のレースをして、おそらく、それをする方法を忘れませんでした。

Matsuura started racing at 14, after following his brother into racing. He moved to Formula Dream in 1999 and was a race winner and runner-up in his first year. He won the title in dominant fashion in 2000 and moved to German F3 in 2001. He was a winner in his first season and in 2002 finished second in the title. He moved up to Formula Renault V6 and was again a first year winner and finished third in the series and then headed to America where he was Indy Racing League rookie of the year in 2004.
松浦は、彼の兄弟の後についてレースに入った後に、14時に競争し始めました。彼は1999年にFormula Dreamへ移って、彼の最初の年のレース勝者と次点者でした。彼は2000年に優位なファッションでタイトルを獲得して、2001年にドイツのF3へ移りました。彼は、彼の最初の季節の、そして、タイトルの2002の完結したセカンドの勝者でした。彼はFormulaルノーV6へ上がって、再び初の年勝者であって、シリーズにおいて第3を終えて、それから、彼が2004年のインディーRacing連盟新人王であったアメリカに向かいました。

Matsuura seems to be pretty well-qualified to be having a try in Formula 1
松浦は、フォーミュラワンでトライをしているためにほとんど条件つきのようです。  Yahoo!翻訳

いつものように、より分かり易い翻訳は F1通信 さんで。



「やっぱ単身赴任はつらいねぇ ここ 見てよ」      
Ytpzbgkn_s



 いつでも TRT は琢磨選手を応援します
Cw5sjph6



2005年12月24日 (土)

F1(152) 祝 佐藤琢磨選手 ジュニア誕生

無事、男の子が誕生


現地時間の12月23日14:40、モナコのプリンセス・グレース中央病院にて、

佐藤琢磨の長男が無事、誕生いたしました。

体重は3250gで、母子共に健康とのことです。

ご心配をかけましたファンの皆様に、謹んでご報告申し上げます。

今後とも佐藤琢磨をよろしくお願い申し上げます。

佐藤琢磨公式HP Press Room より


おめでとう 琢磨選手




 いつでも TRT は琢磨選手を応援します
Cw5sjph6



2005年12月23日 (金)

F1(151) “手裏剣”と “腹切ドライバー佐藤琢磨”で 怖いものナシ

Mosley 'sure' Aguri will race in 2006

モーズリーはアグリが2006年に参戦すると『確信する』

With the signatures of all ten F1 rivals in its pocket, 'Super Aguri' has one final hurdle to clear before a Bahraini debut is certain -- FIA clearance. But we can reveal that the governing body has now received the $48 million entry deposit, and that the hold-up was anti-money laundering legislation that delayed the transfer from Japan to France.
そのポケットの全10人のF1ライバルのサインで、『スーパーアグリ』はバーレーンのデビューが確実な前に、クリアする1つの最終的なハードルを持ちます−FIAクリアランス。しかし、我々は理事会が今は4800万ドルの入場保証金を受けた、そして、強奪が日本からフランスへの移動を延ばした反資金洗浄法律であったことを明らかにすることができます

In addition, FIA president Max Mosley told a German publication on Wednesday that he saw no more real obstacles to Aguri's grand prix debut. "I am sure that in 2006, eleven teams will make the start," he was quoted as saying by 'Auto, Motor und Sport'.
それに加えて、FIA大統領マックスモーズリーは、彼がアグリのグランプリに対するどんな本当の障害もデビューするのを見ないと水曜日にドイツの出版に話しました。「私は、2006年に、11のチームが始まりを作ると確信します」と、彼が『自動車(Motor und Sport)』によって語ったと伝えられました。 Yahoo!翻訳

F1Racing より。分かりやすい翻訳は 「F1通信」 さんにあります。


サイドバイサイドの時は相手のタイヤめがけて

手裏剣・・・・>>>ーー===================卍 シュッ卍 卍 シュッ!



  いつでも TRT は琢磨選手を応援します
Ocxsooct



2005年12月22日 (木)

F1(150) “スーパーアグリF1” 全10チームの「同意」を取り付ける!

追  記


チームロゴ 決定!

Cnh69fkz

新ロゴはサーキットのラインを表現した「S」をモチーフとし,

それに「炎」と「手裏剣」をミックスした“日本風”のデザイン



SUPER AGURI FORMULA 1が,

参戦に必要な全10チームの「同意」を取り付けたことが明らかとなった。

最後に残っていたミッドランドからも了承を得て,これまでの問題となっていた壁をクリアーした。

「全チーム同意」を受け,鈴木亜久里代表はFIAに再申請の提出。

この再申請を受理され審査をパスすることにより,晴れて来シーズンのグリッドに並ぶことになる。 
F1 NEWS より


やっとココまで来ました!


スーパーアグリF1は21日、加入の再申請に必要な全10チームの了解を得られたと発表した。

鈴木亜久里代表は「各チームが温かく迎え入れてくれたことに深く感謝します」とコメントした。 nikkansports.com より


SUPER AGURI Formula 1(チーム代表、鈴木亜久里)は、本日2006年度F1世界選手権出場に関する

再申請の必要条件であった全10チームの了解を得ることができました。

チームは今後、再申請の手続きを急ぐとともに、

FIA(国際自動車連盟)からの正式な承諾を受けることになります。

正式エントリー発表まではいましばらく時間を要しますが、今回の件に関しての関心の高さを考慮して、

取り急ぎご報告申し上げる次第です。正式エントリーが決まりましたら、改めてご連絡申し上げます。


鈴木亜久里チーム代表


「今回のF1世界選手権への再申請にあたり、各チームが暖かく私たちを迎え入れてくれたことに

深く感謝いたします。今後も皆様の期待を裏切らないよう、チーム一丸となって邁進していきますので、

今後ともさらなるご支援をお願いいたします」
        SUPER AGURI Formula 1 プレスリリース より



 いつでも TRT は琢磨選手を応援します
Cw5sjph6





2005年12月21日 (水)

F1(149) “スーパーアグリF1”鈴木亜久里 「経過報告」を実施!?

F1 NEWS によると現在は関係者が会見に向けた準備に入っており,

早ければ本日夜か明日にも日本のファンに向けて経過報告のメッセージが発表されそうだ。


鈴木亜久里氏は来シーズンからのF1参戦に向けて奔走しているが,この進捗状況を「経過報告」として

近日中にもプレス会見する見込みとなった。現段階では,ドライバーやチーム体制については

まだ発表できる段階ではないが,エントリー許可に向けた経過報告が行われる模様だ。  F1 NEWS より


追  記


しかし、その後の F1 NEWS の発表では本日夜に予定していた「経過報告」を取り止めることが決定。

ただし,「チームロゴ」の発表が予定されており,日本時間深夜にも正式にお披露目されそうである。




 いつでも TRT は琢磨選手を応援します
Cw5sjph6




2005年12月20日 (火)

F1(148) スーパーアグリF1 まもなく発表!

スーパーアグリF1は、FIAの要件とされる現存10チームの同意をほぼ取り付けた模様、まもなく発表!

FIAから書類の不備を指摘され、その調整が手間取ったが、ここに来て大きく前進しまもなく発表の模様。

これまで手間取った要因は、現存の10チームから、11チーム目の参戦同意を得られるかで、

各チーム事情や思惑が交錯し様々な憶測を呼んだ。まずシャーシの問題。

F1は各チームオリジナルのシャシを用意しなければならず、当初話が出た

「BARホンダの設計権利を買って、そのまま流用するのでは」については、多くのチームが問題ありとした。

また1チーム増えることで、上位10チームで配分されるTV放映権などの分配金が減額されるのではないか?

また同じ10位までに与えられる、輸送費免除などの特典が11チームになることで受けられなくなる

可能性が出ることなど・・・。シャシに関してはBARホンダとは無縁の、旧アロウズの型落ちシャシを

リニューアルすることでクリア、これで上位チームは問題無しとして同意を表明。そして問題は、

直接2006年の戦い次第で影響が出てしまう、上位10チームから転落する可能性があるチームの抵抗が最後まで残った。


その可能性のあるチームは、おおよそ想像は付く。スーパーアグリはホンダエンジンを使用するが、

そのライバルであるトヨタの出方がどうか?も注目されたが、そのトヨタ本体はいち早く協力を表明、

しかしそのトヨタエンジンの供給を受け、現実05シーズンもミナルディ(トロロッソ)と最下位を争った

ミッドランドの存在である。戦う前から10位転落を恐れ、現状維持に拘るのでは・・・

しかし新チーム参戦2年間は、そのまま今の権利が保障されることが判った。

またFIAのバーニー副会長は更なるF1参戦推進派で、今回のスーパーアグリにもエールを送っている。

更に、エントリーに必要な資金面でも目処が立ち、反対する要因が一つづつクリアされて、

ミッドランドも拒否する理由がなくなって来た。反対が1チームだけでは、形勢逆転、返って悪者になってしまう。

それだけは避けたいところで、遂に同意せざる終えなくなったという事だろう。


晴れて「スーパーアグリF1チーム」は認証、カウントダウン。


FM NACK5 鈴木亜久里 F1 EXPRESS 解説 より




 いつでも TRT は琢磨選手を応援します
Cw5sjph6